*

女子ウケの良いメンズコートの種類やデザインをまとめました

      2015/12/24

torennti 出典:http://beststyle.me/

2,3年前からコートが流行っているのは知っていますか?

冬の定番アイテムとして、欠かせない物になっているのがコートです。

そんな中様々のコートの種類があり、着方によって色んなスタイルになってきます。

ではどのようなコートの種類があり、どのように合わせていけばいいのか?をご紹介していきます。

Advertisements

メンズコートの利点

女性の間で、冬の定番アイテムといえばコートです。

それがメンズの間でも定番になっていて、流行っているので一着は持っていたい物ですね。

ではメンズコートの利点とはなんでしょうか?

コート一枚でオシャレに

細見のパンツを履き、中はタートルネックセーターでコートを羽織れば定番の恰好ですがやはりオシャレに見えます。

色の合わせ方によって様々な見え方がでてきますが、無難な色としてはやはりブラックを最初に買うべきです。

ブラックでしたら何でも合わせやすいですのでオススメですが、もしブラック嫌ならグレーやネイビーでもいいですね。

ですが、コートに手を出しにくいなんて人も多いと思います。

その理由として一番多いのが、身長の問題です。

身長が低くてコートなんて着たら、着せられてる感がでて似合わないなんて意見が多いです。

確かに身長が高い方が、見栄え的にもよく似合っているなと感じることはあります。

ですが、昔に比べコートが流行ってきていますので、品ぞろいも豊富になってきています。

丈の感じが気になるかたや、フィット感が気になる方でも、それらの人に合わせたコートは絶対に販売されています。

私の身長は170cmで平均的な身長ですが、すでにコートは3着持っていて冬には欠かせないアイテムになっているんです。

食わず嫌いせずに、一度試着してみるだけでも試してみてはいかがでしょうか?

 

清潔感がでる

他の服装に比べて清潔感がでてきます。

決して他の服装に清潔感がないというわけではなく、清潔感が増すというほうがわかりやすいですね。

ジャケットを着ているのと同じ感覚で、冬にジャケット一枚じゃ寒いのでその代わりとしてコートなんです。

コートを着ることによって、スマートな感じでビシっと決められますので、そうゆう部分が清潔感に繋がってきます。

女性はやっぱりオシャレな男性が好きで、オシャレに越したことはないです。

あまりにも個性的な恰好や、ダサイ恰好は女子ウケがよくありません。

ですが清潔感があり、スマートで一緒に歩いていて恥ずかしくない恰好が女子ウケがよく好まれます。

そのような恰好をするために、冬でコートは重要なアイテムなのです。

 

長持ちする

コートは一着2~3万くらいします。

結構高い物はもっとしますが、大体の相場はそのくらいの値段です。

ちょっと高くて買うのを迷ってしまいがちですが、コートは次の冬、さらに次に冬と長く何年も使えるアイテムなのです。

Tシャツなどはよれてしまい、下手すれば1シーズン持つかも怪しいですが、その点でコートは何年も使えますので、長い目でみればお得なアイテムなんです。

女性の場合は流行りすたれが早くて、次のシーズンにはもうそのデザインの服を着ている人がいなくなっていることもあります。

ですが男性の場合は、流行りなどはありますが、正直あまり気にしなくてもいいです。

結局はあまり前のシーズンと変わっていなく、毎年同じような恰好で大丈夫なのです。

Advertisements

メンズコートの種類

チェスターコート

tyesuta-3 出典:http://item.rakuten.co.jp/

フォーマルなコートの代表格であり、今一番流行っているのがチェスターコートです。

正式名称はチェスターフィールドコートで、チェスターフィールド伯爵が最初に着たのが由来になっている説があります。

チェスターコートは、元々正装用のコートとして生まれたもので、フォーマルな格好をしたいときにはピッタリで清潔感がでてきます。

きれいめコーデをしたいときにピッタリのアイテムですが、インナーに何を着るかで印象がかなり変わってきてきれいめにもなるし、カジュアルな恰好にもなるし様々です。

その時の用途に合わせて様々な使い分けのできますので万能で、今年一押しのアイテムです。

 

トレンチコート

torennti2 出典:http://geinou-ura.com/

トレンチコートは元々防水用のコートとして開発されたのが始まりです。

前のボタンがダブル掛けになっていて、腰にベルトがついていてしめて着るタイプのコートをトレンチコートと呼びます。

基本的にロング丈の物が主流ですが、最近ではショート丈の物も流行ってきています。

スーツに相性が抜群で、よくスーツ姿で来ている人を見かけ、ビジネスシーンで活躍しています。

ですが、あえてカジュアルに取り入れて組み合わせてみるのも面白くオススメです。

 

ピーコート

pi-ko-to 出典:http://matome.naver.jp/

ピーコートは元々漁師や船乗り、海軍などの海の男が着ていた防寒用のコートのことをいいます。

前のボタンがダブル掛けになっているものをピーコートと呼ぶのですが、最近ではシングルのものもピーコートと呼ぶようになってきていて、線引きが曖昧になってきています。

ピーコートはどのような服装でも合う万能なコートで、一番人気の高いものになっています。

フォーマルな恰好にも合いますし、カジュアルなデニムとの相性もよく、シンプルなデザインなのでコーディネートしやすく流行りに関係なく毎年着られるアイテムです。

もし持っていなければ一着は必ず持っておきたい定番のアイテムですね。

 

ダッフルコート

daffuru 出典:http://store.shopping.yahoo.co.jp/

ダッフルコートは、トルグという大き目の留め具と、その対になっている紐を用いて脱着する形のコートです。

元々は欧米の漁師が手袋をつけていても、トルグを用いることで脱着しやすいように作られたコートです。

ダッフルコートは見た目可愛い感じのコートなのですが、そのぶん幼く見えてしまったり、野暮ったくなってしまったりして、コーディネートしておしゃれに着るのは難易度が高いです。

フォーマルに着るよりも、カジュアルシーンで活用することが多く、デニムやチノパンなどの相性がいいです。

基本はロング丈が主でしたが、現在ではショート丈のものが多くなっていました。

ですが最近の流行りとしてロング丈のものが流行ってきていて、ロング丈の物が多くなってきています。

中々難易度の高いものですので、サイズやデザインなどに気を遣って、自分に合うものを選びましょう。

 

ステンカラーコート

sutennkara- 出典:http://shop-list.com/

ステンカラーコートは、ビジネスコートの典型であり、コートの中でもベーシックな形になっています。

襟が1つで、後ろ襟腰がやや高めなのに対して前側は低くなっており、直線的に折り返った襟を持つコートのことです。

とてもベーシックなデザインですので、ビジネスシーンだけでなくカジュアルシーンでも役立つアイテムになっています。

カジュアルシーンでよく使う場合は、黒やネイビーだけでなく、ベージュやブルーなどの明るい色を取り入れていきたいですね。

Advertisements

まとめ

いかがだったでしょうか?

コートにも様々な種類がありますので、自分に合ったコートを探してみてください。

もしコートに抵抗がある人でも、着てみたら意外としっくりくるかもしれませんので、一度試してみてください。

コートを着てイイ男になり、モテ男ROADを突き進んでください(`・ω・´)

関連:高くても一生モノ!オシャレ男子が選ぶダウンジャケットたち!

 - ファッション