*

最高級革靴ブランドたち!デキるビジネスマンなら一足あって損なし!

   

ビジネスマンになってから、良い革靴を買ったでしょうか?

社会人になってから、スーツで仕事をしている方は常に革靴を履いていると思います。

オシャレは足元からという言葉があるように、ビジネスマンはオシャレを自己表現するのに靴は欠かせない存在なのです。

良い革靴というのは、最高級の革を使用していてブランド独自の様々なこだわりがあり、とても歩きやすいです。

値段はとても高いのですが、その高さが納得できるくらいの感動があります。

高級な靴を買うことは、正直自己満足な部分もありますが、そこが重要で自身のモチベーションを精神的に高めてくれるのです。

では、どのような最高級の革靴があるのかをご紹介していきます。

Advertisements

最高級革靴ブランド

JOHN LOBB -ジョンロブ-

jonn 出典:http://www.natoriya.jp/

1849年にイギリスで高級注文生産靴のブランドとして創設されたのがジョンロブの始まりです。

英国王室御用達(ロイヤルワラント)のブランドで、最高級革靴を扱うブランドの中でも別格とされています。

1976年にヘルメスの傘下の企業になったことにより、パリ店で既製品を製造販売が開始されました。

ジョンロブでもし一番最初に革靴を買うなら「PHILIPⅡ(フィリップ2)」をオススメします。

フィリップ2の最大の特徴は、バックシームがないことです。

バックシームとは、ヒール部分の縫い合わせのことで、普通の革靴でしたら何枚も革を縫い合わせて革靴を作ります。

ですが、ジョンロブの革靴は1枚1枚大きな革を使用して革靴を作り上げ、使うパーツを最小限にしています。

大きな革を使うことは、それだけコストも掛かりヒール部分の丸みをだすのは非常に技術がいることなのです。

そのことから、靴を履いた時のフィット感が他とは比べものにならないほど良く、抜群に歩きやすい靴となっています。

見た目がシンプルで、曲線美もエレガント、何年履いても飽きないブランドですね。

 

MASSARO -マサロ-

masaro 出典:http://openers.jp/

1894年にフランスのパリにて創業され、エレガントで独創的な靴を作り続けてきました。

元々は、女性用の靴ブランドとして名高く有名で、男性用はカスタムメイドでしか作られていませんでした。

ですが2010年に男性用の既製品が製造され始めて、とても人気を集めています。

マサロはシャネルなどの数多くの名のあるブランドの靴を手掛けるメーカーとして有名です。

その理由として、外見的な美しさにとてもこだわっています。

履き心地も勿論いいのですが、マサロの独創性などは他にありません。

外見のカッコよさ美しさを重視したい方にオススメの革靴ですね。

余談ですが、マサロの靴はブランドロゴが一切入っておらず、マサロと見分けるのはフィドルバックのイエローとブラックのコンビネーションでマサロの靴だとわかります。

そのような細かい部分にも、美しさを感じれますね。

 

BALINT -バリント-

barinnto 出典:http://www.boq.jp/

バリントは、オーストラリアのウィーンに拠点を置くシューズメーカーです。

バリントの特徴は、健康的で履き心地のいい靴作りをオーダーメイドで制作しています。

現在では、日本人向けの既製品の生産も行っていて、百貨店などで見ることができます。

バリントが目指しているのは、足に優しく心地のいい靴作りです。

手作りにこだわりを持っていて、1から10まで全て職人による手作りで製造されており、整形外科医学を用いてより快適な靴作りを行っています。

靴のトゥの丸みも特徴的で、つま先にゆとりを持たせて意図的にデザインしているもので、履き心地を特に重視していることがわかります。

Advertisements

Berluti -ベルルッティ-

Exif_JPEG_PICTURE 出典:http://www.vogue.co.jp/

ベルルッティは、1895年にフランスのパリで創設された高級紳士靴ブランドです。

魅力の一つとしてあるのが、革製品の美しさです。

他のブランドにはみられない芸術性が高く「ピカソ」にも認められていたと言われています。

ベルルッティが使っている革は「ヴェネツィア・レザー」という高級な革を使用しています。

この革は、ベルルッティだけが使用することを許可されている革で、他のブランドでは使用されていません。

この革は、耐久性が高く、革が柔らかく触り心地が良く、年が経つごとに独特の変化をみせてくれます。

ですが、水に弱く傷がつきやすいので、普通の革製品に比べて取り扱いが難しいですが、メンテナンスをする手間なども革製品の醍醐味ですので、上級者にとても人気です。

ベルルッティの革製品には色ムラがあり、ヴィンテージ感が演出されています。

これは「パティーヌ」という染色技法で、何度も色を重ね塗りして作られていて、一つ一つ手作りですので色合いに個体差があり、同じ物が一つとしてありません。

ですので、世界に一つだけの特別な物なのです。

他にも特徴的なのが「カリグラフィ」という物です。

これは、レザーを焼いて文字を刻んでいるのですが、これも手作業のため文字の配置やロゴが違ってきます。

ですので、パティーヌと同様にオリジナル性がとても強く感じられます。

靴の他にも財布やカバンなども有名ですので、チェックしてみるといいでしょう。

 

Santoni -サントーニ-

sannto-ni 出典:http://www.boq.jp/

サントーニはイタリアでとても知名度の高いブランドの一つです。

日本でも、有名で百貨店やセレクトショップでよく見かけることができる、世界的に有名なブランドなのです。

安い物で6万程からあり、高い物でも15万円程度ですので、他の高級革靴に比べるとお手頃な価格帯ですので、高級革靴の入門にオススメですね。

とても革が柔らかく足にフィットしてくれて、イタリアらしい色彩が豊かでカッコイイデザインの靴になっています。

Advertisements

 - ファッション