*

土浦花火大会2015に彼女とデート!アクセス・場所取り・混雑時間

      2015/11/18

長岡の花火大会・大曲の花火大会と並ぶ日本三大花火大会の1つ、土浦の花火大会。

毎年10月に開催されていて、秋に花火を見れるというだけでも嬉しくなってしまいますが、土浦花火大会は、秋開催の花火大会の中では圧倒的なスケールです。

北海道や九州など、全国各地から土浦まで見にくる人も珍しくありません。

有名な花火大会なので、彼女も知っているかもしれませんが、「10月に花火大会に連れて行ってあげる」というだけで彼女は喜んでくれるはずです。

それも土浦花火大会のような大規模な花火大会であれば、行きたくない方が不思議です。

Advertisements

土浦花火大会2015について

tsuchiura

  • 正式名称:土浦全国花火競技大会
  • 花火の打ち上げ数:約2万発
  • 見にくる人の数:毎年70万人くらい
  • 2015年の開催日時:10月3日(土)18:00〜20:30

「競技大会」の名前の通り、全国から花火師たちが集結して、技術を競います。

僕たちとしては、美しい花火が見れれば誰が優勝してもいいですが、とにかく物凄い花火が打ち上げられまくるというわけです。

土浦花火大会2015へのアクセス

場所:茨城県土浦市佐野子 桜川河畔 学園大橋付近

車の場合

  • 常磐自動車道 桜土浦ICから約5km(東京方面から)
  • 常磐自動車道 土浦北ICから約5km(水戸方面から)

15時頃から混み始めるため、車で行く場合は早めに行くことをオススメします。

花火終了後の渋滞に関しては、終わる前に出発しない限りは避けられないかもしれません。

電車の場合

最寄り駅:JR土浦駅(常磐線)

土浦駅から花火会場までは、歩くと30分くらいかかります。

土浦駅からシャトルバスが出ているので、そちらを利用してもいいですね。

会場行きのシャトルバスは15:00〜19:00、土浦駅行きのシャトルバスは19:00〜21:15の間、運行しています。

料金は片道で大人240円、小人120円です。

Advertisements

土浦花火大会2015の場所取り

tsuchiura2

デートで行くなら桟敷席(有料)がオススメ

もう販売は終わってしまっていますが、桟敷席であれば場所が確保されているので、当日になって場所取りのことを気にする必要はなくなります。

それに、いいポジションで花火を見ることができるので、デートで行くなら桟敷席はオススメです。

定価よりも高くなってしまう可能性が高いですが、チケットキャンプなどのチケット売買サイトやオークションなどを利用すれば、今からでも桟敷席を購入することはできます。

ちなみに定価は、全マス(6人まで入れる)が21000円、半マス(3人まで入れる)が10500円です。

一般観覧席は前日に解放

10月2日(前日)の12時に一般観覧席が解放されるので、そのタイミングで場所取りをするのも1つです。

ただ、こちらは先着になりますので、ちゃんとした場所から見たいのであれば、前日に会場に行く必要があります。

遠方から行く場合は、前日に場所取りをして土浦付近で泊まる感じになりそうです。

歩きながら見る

これ、彼女によっては怒られそうな予感がしますが、場所を確保せずに歩きながら見るパターンです。

露店で飲み物や食べ物を買いながら、ちょっとしたスペースで立ち見するのも1つですね。

桟敷席の確保や前日の場所取りをしていない場合は、このパターンになりそうです。

ふらっと寄る感じで土浦に行くのならありかもしれませんが、遠くから花火大会を見に行くカップルにとっては微妙な気がします…

霞ヶ浦総合公園(国民宿舎水郷)が穴場

人混みが少ない場所で見たいというカップルには、霞ヶ浦総合公園がオススメです。

さすがにある程度は人はいますが、集まっている人は主に地元の人なので、知る人ぞ知る穴場だと言えるでしょう。

土浦駅からは2.7kmくらいあるので、歩くと30分以上かかりますが、車があればすんなり行けますし、帰りの渋滞にも比較的引っかかりにくいのも◎です。

歩くのが得意なカップルは、駅から頑張って歩くのも1つです。

以下が地図になりますので、参考にしてみてくださいね。

 

土浦花火大会2015の混雑時間

言うまでもないかもしれませんが、まじで混みます。

日本三大花火大会というだけあって、全国的に有名な花火大会ですから、まじで混みます。

特に車で行く場合は、かなり余裕を持って会場に到着するようにしましょう。

15時くらいから一気に混んでくるので、お昼くらいには着くように向かうことをオススメします。

そして何より混むのが、花火が終わった後ですね。

20:30に花火が終わるのですが、その後の土浦駅付近の人混みにはびっくりするほどです。

あまりの混雑で、過去には当日中に帰宅できなかった人もいたそうです。

車の場合は、しばらくは駐車場からほとんど動けないと思っていた方がいいかもしれません。

花火が終わるのは20:30ですが、道がスムーズに流れ始めたのは日付が変わる頃だった、、なんてことも過去にはあったみたいです。

できる限り渋滞を避けたい場合は、土浦まで車で行かずに、隣の荒川沖駅などに車をとめて、そこから電車で行くのもいいかもしれません。

もしくは、花火が全て打ち上がる前に会場を出るのも、渋滞を避けるためにはありです。

花火大会に行く以上、混雑はどうしても避けられないですから、ある程度は覚悟していくしかないですね^^;

Advertisements

 - デートスポット